職場恋愛の片思い相談会④【好きなった人に好きな人がいた男性】

スポンサーリンク

こんにちは、職場恋愛専門カウンセラーの
小嶋 司です!

今回の社内の片思いエピソードを
語ってくれるのは社内に好きな
女性がいましたが、その女性に
好きな人がいた男性の話です。

私の相談者さんは圧倒的に女性が
多いので、男性の相談者さんは
とても新鮮さがありますね。

もし、好きになった相手に好きな人が
いたとしたらあなたはどうしますか?

恐らく多くの人が最初から諦めモードに
入ってしまうのではないでしょうか?

そんな辛い状況でも好きな女性を
最後まで諦めきれなかった男性の
エピソードを今回はご紹介させて
いただきますね♪

※本人の許可を頂いて公開しています

好きになった女性には好きな人がいました

皆さん、はじめまして!中島と言います。

僕は大学病院で医療事務の仕事を
している27歳の独身男性です。

学生の頃からずっと、医療関係の
仕事をしたいと思っていて、
専門を出てから憧れの医療系の
仕事に就くことができました。

約5年間、大変なことも多いですが
仕事にも慣れて、それなりに充実した
毎日を送っていました。

2年前に彼女と別れて以来、3年間は
仕事ばかりで特に恋愛をする余裕が
ありませんでした。

何となく「そろそろ彼女を作ろうかな~」
なんてぼんやりと考えていたときに
ある1人の女性と出会いました!

中途で入社した女性事務員

ある日、中途採用で25歳の女性が
入社してきたのです。

他の病院で医療事務の経験を
数年間積んで、この病院に新しく
入社してきたとのことでした。

その女性はあまり目立つ感じではないけど
綺麗な顔立ちをしていて、スタイルも良く
「綺麗な人」という印象を持ちました。

1か月間、僕がその女性の研修担当に
なったので仕事も一緒に行うし、
休み時間も一緒なので自然と2人で
いることが多かったです。

そのせいなのか、何となく彼女の
存在が気になりはじめてきて、
仕事終わりに僕の方からご飯に
誘うようになりました。

自分で言うのもなんですが、
なんとなく「脈あるかもな~」と
勝手に期待していたのですが・・・

ある日、2人で仕事帰りにご飯に
行ったときに彼女の恋愛話になって
彼女から「好きな人がいる」という
話を聞いてしまったのです!

その相手は前に勤めていた病院で
知り合った男性で、1年程片思いを
しているとのことでした・・・。

スポンサーリンク

振られるとしても・・・

その話を聞いてからはとてもショックで、
できるだけ彼女と距離を取ろうとしました。

今までは休憩時間も一緒に過ごしたし
仕事終わりにご飯に行くことも
多かったですが、休憩も別々にして
ご飯も誘わなくなりました。

彼女と必要以上に一緒にいなければ
自然と彼女のことを意識しなくなると
思っていたのです。

それに、自分でも彼女のことを
どこまで本気で好きなのか曖昧な
部分もありました。

正直、恋愛が上手くいかなくても
今まで引きずったことはないので
すぐに彼女のことを吹っ切れると
思っていました。

なのに、全く彼女のことを吹っ切る
ことができなくて1人でいると彼女の
ことを考えていました。

そして、このままでは何も変わらないと
思って振られる覚悟で

「彼女に告白をしよう!」

そう考えたのです。

彼女に告白をする前に?

彼女に告白をしようと決めては
みたものの、振られたときのことを
考えるとすぐにはできませんでした。

仕事もやりづらくなるし、噂とかも
広まる可能性があったので面倒なことに
なるのが嫌だったのです。

1ヶ月以上も考え続けて女々しいことに
先のことを考えると、彼女に気持ちを
伝えることができず時間だけが過ぎて
いきました。

そんなときに、何となくスマホのネットを
見ていたら恋愛カウンセラーの紹介サイトが
目につきました!

今までは、カウンセラーに相談するなんて
お金がかかるだけで解決にはならないと
勝手に思っていたので興味はありません
でした。

ですが、今回ばかりは彼女に告白する前に
プロのアドバイスを1度聞いてみようと
思ったのです。

サイトに何人も恋愛カウンセラーの
紹介ページがあって、誰がいいのか
なかなか決められませんでしたが・・・

ふと、1人のカウンセラーが目に留まり
そのカウンセラーさんにコンタクトを
取ってみたのです。

スポンサーリンク

告白をするまでのアドバイス

私のところに中島さんから同じ
職場で好きな人がいて、その人には
他に好きな男性がいること。

また、告白をする前に何か行った方が
いいことなどがあればアドバイスが
欲しいということでした。

彼には今で通り、彼女と親しく接して
LINEを交換して定期的にやり取りを
することをアドバイスしました。

そして、可能であれば彼女をデートに
誘うことをアドバイスしました。

LINEを定期的に行うことで、
自分と連絡を取り合うことが
習慣になって、楽しみの1つになる
可能性があります。

また、デートに誘うのも彼女が彼に
好意をもっていないならば、誘いを
断るでしょうし、誘いに乗れば彼女も
少なからず彼に気があるということです。

デートに誘ってくるということは
相手が自分に少なからず好意を
持っていると感づくはずですから(笑)

その他にもいくつかのアドバイスや
サポートを行ってから2ケ月後に
中島さんから1通のメールが来ました。

まとめ

いかがでしたか?

今回のエピソードは初の男性からの
体験談を紹介させていただきました。

ちなみに、中島さんからのメールは
好きだった彼女さんに告白をして
無事に付き合えることになったの
だそうです♪

中島さんはアドバイス通り彼女とも
LINEのやりとりをして、デートも
自分から誘ってOKをもらったそうです!

彼女の方も中島さんと一緒にいて
少しずつ彼へ心が持っていかれたんだと
思います。

そう考えると、やはり同じ時間を
共有するってとても大事なことなん
ですね。

今回の中島さんのケースはかなり
順調にいった数少ないパターンです。

ですが、告白をするまでの準備を
していたかしていないかで告白の
結果も変わっていた可能性があります。

今回も1人幸せになってくれて
良かったという気持ちと、
お2人の幸せを陰ながら願っている
今日この頃です☆

スポンサーリンク

コメント